• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。
No Image

■2010013-20〈日誌〉会派会議ほか

市長発の改革が続く。 応援した立場であることを差し引いても、 昨年5月の市長選挙での有権者との約束を守るべく、 市長が次々に新しいことに挑戦している印象を持つ。 行革推進本部には民間人の西尾氏が、 3年の任期付きで採用さ …

続きを読む


No Image

■20100110-12〈日誌〉さいたま市成人式など

筋が通らないこと2つ。 一つは、日航のOBへの年金の支給について。 自分の出身会社が法的整理の段階、 つまり事実上の破綻状況にあるのに、 いまだ年金額の減額に協力をしない人たちがいるとは。 結局は3分の2が賛成したという …

続きを読む


No Image

■20100108‐09〈日誌〉議会運営委員会など

年末年始にかけて知ることとなった 健康に関する話を3つばかり。 1つ目。 がんに関すること。 朝のラジオ番組にて医者の話。 ●50兆個…人間の細胞の数 ●6000億個…1日に新規にできている細胞数 ●5000個…がん化( …

続きを読む


No Image

■20100107〈日誌〉道場にて稽古など

枝野衆議院議員が、 首相補佐官に起用されるとの発表があった。 埼玉県では、民主党のトップ。 いや、今や民主国会議員が多数を占める中、 埼玉県政界のトップといっていいだろう。 昨年5月のさいたま市長選挙では、 選対本部長を …

続きを読む


No Image

■20100106〈日誌〉駅立ち 南浦和駅西口など

この年末年始に。 会う人会う人の口から、 厳しい経済状況が今年も継続していくことが、 それぞれ語られた。 それを裏付けるかのように。 市長査定を目前にした予算編成上の数値は、 約500億円の財源不足だと報道されている。 …

続きを読む


No Image

■20100105〈日誌〉議会運営研修会ほか

議会運営の有識者といえばこの方。 野村稔先生。 5日、議会にお越しいただき、 議決事件の拡大に関する基本的な考えなど、 議会運営に関する様々な点について示唆をいただいた。 先生は、 元都道府県議会議長会の事務局で働いてい …

続きを読む


No Image

20100101‐04〈日誌〉新年名刺交換会など

恥ずかしい話なのだが。 新年が明けたというのに、 大掃除が続いている。 一応自宅の部屋や離れの2部屋は終了、 ところが。 議会のほうがまだ… 新聞の切り抜きが大量に取ってある。 これを整理整頓できずに、 今日まで来てしま …

続きを読む


No Image

■20091220-31〈日誌〉豊岡市視察など

この10日間で、 生死にまつわる意味深い言葉を聞いた。 一つは豊岡にて豊岡市長から。  人間の命は長くても100年。  人生の終わりに不安を感じる。  しかし歴史の中で自分が  生きていることを実感することで、  安らぎ …

続きを読む


No Image

■20091212-19〈日誌〉12月議会・最終日ほか

年末は特に懇親の場が多い。 そんな場で必ずと言っていいほど聞くのが 「政界再編の可能性」への言及。 これは政治・行政関係者以外でも変わらない。 ある意味では、 昨年までならほとんど政治に関心がなかった人までが、 今後の先 …

続きを読む


No Image

■20091209-11〈日誌〉見沼特別委員会ほか

都内のある自治体職員と懇親の機会を得た。 改革意欲と責任意識にあふれる方々で、 有意義な時間となった。 国をあげて行なわれ事業仕分け。 その自治体でも 議会サイドから実施の提案が出ているそうだ。 ただ、テレビ画面の印象が …

続きを読む