• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

市長発の改革が続く。

応援した立場であることを差し引いても、
昨年5月の市長選挙での有権者との約束を守るべく、
市長が次々に新しいことに挑戦している印象を持つ。

行革推進本部には民間人の西尾氏が、
3年の任期付きで採用されるとの発表があった。

西尾氏は、民間シンクタンクに勤めており、
マニフェスト研究では第1人者である。
マニフェストの進捗状況に関する職務につく。

ちなみに行革本部にはすでに、
パナソニックに勤めていた田村氏が、
やはり任期付きで採用され、
「無駄ゼロ」に関する職務についている。

また、3月末から会館する
「盆栽美術館」の館長には、
大熊氏が就任するとの発表もあった。

大熊氏は「なんでも鑑定団」というテレビ東京の番組で
鑑定者の一人としてあまりにも有名である。

静かなる革命。

いや、行政内部に異論が噴出しているというから、
動的革命なのか。

市役所には公務員だけ存在するのが
当たり前であったこれまでの風潮から一転。

大胆に民間の有識者を行政内部に組み入れている。

まだ入り口であり成果も出ていないから、
評価をする段階ではないが、
こうした行動力に敬意を表する。

きっと内部の行政職員も相当な刺激を受けることだろう。

市長は、いま、行政内部の異論を恐れる必要はない。

むしろ、市長を応援した市民からの、
とくに納税者からの支持が低下することを恐れるべきだ。

大胆な改革に期待したい。

そしてまた議会において、
私も市長に劣らないような、
改革を推進する行動をしていきたいものだ。

   ★   ★   ★

1月13日

●早朝、駅立ち(南浦和駅西口)
●午前、議会にて事務作業など
●会派会議
●昼、議会にて打ち合わせ等
●午後、お世話になった方お見舞い
●夜、元埼玉自治研センター関係者懇親
●自宅にて事務作業など

1月14〜15日

●14日:早朝、駅立ち(武蔵浦和駅西口)
●14日:三重県議会視察
●15日:京都市会視察
●15日:夜、南区自治連合会新年会

1月16日

●午前〜午後、自宅にて事務作業など
●午後、都市政策フォーラム
 ロザンヌハガティ氏講演会
 「社会起業」
●夜、都市政策フォーラム懇親会
●明大大学院関係者との懇親

1月17日

●午前、自宅にて事務作業にて
●道場の経営等について打ち合わせ
●昼、青山明大教授や自治体議員等との懇談
●午後、さいたま市危機管理セミナー
●夜、自宅にて事務作業など

1月18日

●早朝、駅立ち(浦和駅東口)
●NPO障難協・学習会&新春交流会参加
●午後、市議との懇談
●議会にて事務整理など
●明大公共政策大学院「ロザンヌハガティ氏講義」
●明大関係者との懇親

1月19日

●早朝、駅立ち(南浦和駅東口)
●午前、議会にて事務作業など
●会派内政策条例PT
●午後、市民生活委員会関係打ち合わせ
●市民との懇談
●夜、コミュニティビジネス活性化に向けた集まり
●自宅にて事務作業など

1月20日

●早朝、駅立ち(南浦和駅西口)
●道場関係者との打ち合わせ
●午後、議会にて事務作業など
●会派会議(全体・予算・事業仕分け)
●夜、議会にて事務作業など