• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

何らかの理由で、
親と過ごすことのできない子供たちは、
児童養護施設が家庭のような位置づけとなる。

3歳から高校卒業まで、
子供によっては中卒で社会に出るために、
中学卒業の年齢までが、
この児童養護施設入所の対象年齢となる。

私たちの社会は20歳の成人になると様々な権利や、
信頼が得られるが、
それまでの年齢は未熟であるとされる。

自分の経験に照らしても、
この年齢が未熟なのは確かであって、
これがいけないということではない。

ここで言いたいのは、
対象年齢を超えて児童養護施設を退所したものの、
20歳に至っていない人たちが多数存在し、
制度の狭間で生活に困っているという事実がある、
ということ。

その人たちは、
社会人としての信用がないため、
家を借りることができない。
かといって、
働くことのできる年齢であるため、
生活保護のお世話になることもできない。
制度の狭間で見落とされてきた。

この人たちの受け皿が、
実に不足している、
という話なのである。

生活に困った人たちの中には、
犯罪に走るものも少なくないと聞く。

この問題は単に入所している人たちをどうするか、
という問題なのではなく、
社会全体に関わりを持つ課題なのである。

これを解消する取り組みとして、
「自立援助ホーム」という名で
公的機関が補助金を出し、
家賃を支払いながら20歳を待ち、
もしくは社会に出る準備が整い次第、
社会に巣立っていくような仕組みが整いつつある。

後発の政令市のさいたま市にとっては、
この分野は新しい分野であり、
ようやく市内に「クリの家」という
NPOの運営するホームが立ち上がったところである。
県内には上尾に同様の施設がある。

児童養護施設を出た者を、
すんなり受け入れてくれるほど
社会はやさしいものではない。

いつもながらに自問自答する。
自分がいかに世の中のことを知らないのか。
社会はもっと包容力をもっていいのではないか。
私たちは身近なところに目を向け、
積極的に課題を解決すべきではないか。
そして、そのために自分にできることは何だろうか。
と。

       ★

10月20日

●午前、自宅にて事務整理など
●午後、行革特別委・事業仕分けについて
 構想日本出打ち合わせ
●夜、明大大学院で松沢神奈川県知事(客員教授)の講演
 …たばこ禁止条例の制定や知事としての行動など。
  自らの言葉ではっきり発言する姿勢に
  学ぶべきところがあった。
●明大大学院・関係者との懇親

10月21日

●午前、自宅にて事務整理など
●午後、川崎市視察
 …①多文化共生への取組
   外国人代表者会議などの取組
  ②住宅基本条例
   住宅困窮者への側面支援策など
●夜、議員との懇親

10月22〜23日

静岡市・静岡県・浜松市へ、
それぞれ視察・研修へ。

●22日午前、静岡市視察「政策法務推進計画」
 …分権時代への対応などの理由から
  全庁的な政策法務の取組を計画的に進める。
●22日午後、静岡県研修「しずおか新公共経営シンポジウム」
 …NPMのメリット・デメリットなど
●22日夜、交流会に出席
 …主催県職員、北大路教授らとの懇親
●23日午前、浜松市視察「保有資産の一元化」
 …施設カルテの作成などデータを見える化し、
  効率的に管理していく試み
●23日午後、浜松市視察「債権管理条例」
 …滞納対策の効率化など。
●浜松市視察「国際化政策」
 …外国人が全人口の4%にのぼり、
  各種の課題に取り組んでいる