• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

その時。私は法廷にいた。
私が原告の名誉棄損裁判。
自身の名誉にかけても、
この裁判は結果を出さねばならない。
この日は、それまでの書面でのやり取りではなく、
口頭でのやり取りがおこなわれていたのである。
私が真中の証言台に座り、
弁護士や被告からの質疑を受けている時だった。
大きな横揺れ。
最初は自らの所作によるものだ、
と瞬時に考えた。
が、その直後には、
裁判長も含め、地震であること、
それも相当な大きさであることが、
誰れ彼れなく確認された。
船にでも乗っているかの様な揺れは、
以後も断続的に起きた。
その都度、裁判は中断され、
ドアは、もしもの時のために、
開け放たれていったん休憩され、
一同が推移を見守るという異例の事態となった。
私は直感した。
大きな横揺れは、これまでの経験から、
他の地域での大きな地震の可能性を想像した。
東日本大地震。
結果的に歴史的な激甚災害であることが、
時間を追うごとに明らかになってきている。
地震は火事や津波も引き起こし、
多くの人命を奪っていく。
さらに今回は、原子力発電において、
重大な事態すら迎えている。
このような歴史的大震災について、
私自身が何ができるのか、
問われていると感じた。
一昨日から昨日にかけて、
被害地の調査や人命救助を目的に、
東北地方を目指した。
仙台までは無理をせず、進まなかった。
ある海岸に面した水田地帯。
向こうに海岸線を望む。開けた場所である。
それまでであれば、防風林が左右に広がり、
美しい光景の水田の広がる、
海の近くの静かな地域であったのだろう。
この地で、変わり果てた目の前に広がる光景を、
ただただ茫然と眺めていた住民たちを見た。
と、住民に呼ばれる。
亡くなっている方がいるので、
御遺体を運ぶのを手伝ってほしい、
という話だった。
まだ、自衛隊も到着していない中、
その場に奇跡的に生き残った住民がおり、
結果的に瓦礫の山を励ましながら連れ出し、
病院に搬送するところまで関わることとなった。
短い時間であったが、
歴史的な災害の一端を目の当たりにし、
何かしなければならない、
と自分に言い聞かせている。
この項以降、
さいたま市の被災状況も含めて、
いくつか関連のブログを掲載したい。