• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

無所属を基本とする自治体議員の研修会である、
財政自主研に参加した。
今回のテーマは、人口減少による地域への影響と、
自治体のまちづくり政策の転換。
講師の話は多岐にわたったが、主題はシンプル。
高齢者はこれからどこに行くのか。
都市は縮小できるか。
人口が減少し、高齢者が増える社会。
都市部か田舎かは問わず、大都会東京も含めて、
必ず、高齢者が増える。
そして公共施設は老朽化する。
高齢者にもお金を持っている高齢者、
選択肢を持つ市民はいい。
しかし、「難民」化する高齢者も出る。
買い物、医療、介護…
動けない、資金のない高齢者は、
「取り残される」「転がり込む」。
自治体はこうした高齢者を押しつけ合う。
そして社会資本は、老朽化時代を迎えている。
そのメンテナンスもおぼつかない。
今のやり方で正直にやれば、
驚くほどの財源が必要となる。
右肩下がりの「縮小」の時代。
この時代に突入することを、
見据えておかねばならない。
未曾有の事態だ。
より一層、オール埼玉で、
将来も俯瞰して、見ていかねばならない。
それにしても、近い将来、
想像もつかない急激な変化がくる。
各種の改革が間に合えばいいのだが。
そのために今から
相当に動いていかねばならないと思っている。