• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

尖閣問題。
すでに各種の報道がなされているし、
様々な方の発言も流れている。
私も同様、批判的な立場だ。
情けなく、失望している。あまりにふがいない。
けっして「強く出る」という意味ではない。
ましてや武力行使を容認するものではない。
私は石橋湛山の「小日本主義」的考えを
外交を考える上での自分の軸としたい。
今回の問題はシンプルな問題だ。
他国に領土を侵犯されたならば、
それに対して断固とした姿勢を示さなければならない、
ということだ。
つまりマイナスの状況をプラスマイナスゼロの状態にする、
そのための対応をするべきだった。
危惧されている通り、今回の件を先例として、
今後はますます中国籍の船が
日本の領土に侵入するケースが増えるだろう。
御墨付きを与えてしまった。
同様に、韓国との竹島問題にも波及すると予想される。
そして領土侵犯の事件が起こるたびに、
今回のケースが持ちだされることだろう。
なにより、中国周辺で同様のトラブルを
抱えている他国の人々をも、
失望させてしまったことだろう。
もちろん中国国内の様々な日本人への
影響を軽視してはいけないが、
それでもあまりに深い洞察のない、
軽率で責任感に欠けた対応だったと見える。
地検の判断にすべての責任を
かぶせようとしている菅政権。
もともと国全体に関わる外交問題であり、
単なる一地方検察局が担う違法行為事件に
とどまらないことは認識していたはずだ。
今回の問題。
①このまま拘留を継続して
中国と抜き差しならない関係になるか、
それとも
②今回のような
おおよそ国家としての意思の欠けた対応をとるか。
選択肢は、この二つしかなかったのか。
そうではないだろう。
まず大前提として、
歴史的な経緯として日本の領土であることは
間違いのないことなのだから、
まずは毅然とした態度をとるべきだった。
その上で。
以下のような対応が考えられたのではないか。
これはある有識者の方の意見を借りたものだ。
①国際法に則って徹底抗戦する
②第3者の中立国に関与してもらい解決を図る
③粛々と日本の法律に則って対応する
とくに②に注目したい。
外交の工夫により、
様々な解決方法を見出すことができるのではないか。
②はそれまでの他国との付き合い方による
積み重ねにより初めて可能となるものだから、
時間のかかることだ。
今後の、いざという時のために、
他国との友好関係を築いておくことも
念頭に置く必要があるだろう。
また、今後のことを考えると、
経済関係も含めて、中国との関係だけに依存するのではなく、
他の国々、インドなどと、関係を密にする方向性を
もって行動していくことも必要だろう。
道理に合わないことまで
あいまいな姿勢で飲み込みながら、
相手国に判断をゆだねてしまうような
自立心に欠けた政治的な姿勢を見るにつけ、
政権にとって大切な要素が
決定的に欠けていると厳しい指摘をせざるをえない。
余りにも大きな影響を後世に残してしまった。