• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

菅政権が発足。
私は党員でもサポーターでもなく、
投票する権利はなかったものの、
実質的な総理大臣を決定する代表選挙。
大いに注目してきた。
代表選については、
日本の置かれた課題の解決方法について、
深まったようには見えず、
政局面ばかりが前面に出ていて残念な思いだった。
メディアの責任も大きい。
また、勝利した管総理大臣のこれまでの発言には、
政治主導の返上を想像させるような心配もある。
ただ。
そんな中で発足した管内閣。
この中で特筆すべき人事があった。
それは片山氏の総務大臣就任だ。
現在は大学教授の立場だが、
鳥取県知事時代からその言動に注目してきた。
現場を知り、今の自治の課題が何かも熟知している。
その課題に一貫して相対してきた立場である。
先日の新政権が提示した地域主権の方針についても、
辛辣な批判をしていたのは記憶に新しい。
片山氏の考える自治、分権、地域主権は、
「住民自治」をその根底においている。
こうした人が、それを所管する官庁のトップに立つということは、
日本社会全体の構造が本格的に変化する可能性を秘めている。
自治体に責任を負う私たちに、
今一度「住民自治」の観点から、
あらゆることを紡ぎ直していく必要性を
投げかけていくものと実感している。
気を引き締めなければならない。