• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

6月議会を振り返っての最後に。
一連の混乱する議会。
そうは言っても。
これが悪いのかといえば、
私はむしろ好意的だ。
「混乱」とすると誤解を招くかもしれない。
むしろ「活性化」だと言える。
議員と行政の事前のほぼ完全な根回し。
これで過半数を占める与党的議員と
行政の間で物事が決められ、
その枠外の議員が一方的に発言をしていた時代の議会。
これを「ツンドラ」(永久凍土)と呼ぶ人もいる。
この頃に比べ、
今は議員相互に、
お互いが自らの主張を強く打ち出す。
いつしか実力主義の流れ、
議員として本来求められている役割を果たす
空気感が漂い始めている。
もちろん党利党略的なところも散見されるし、
行政の提案した案件の是非に関する
議論の範囲にとどまっている。
他の議員の批判というよりも
自戒を込めてのことだ。
まだまだである。
でも、今後の「機能する議会」に向けて、
大いに歓迎すべき混乱だと受け止めている。
こうした「混乱」はまだまだ続く。
6月議会が終わったばかりだが、
既に9月議会に臨むべく準備を始めている。
来年4月のことを
心配してくださる方が多数いらっしゃることは
大変ありがたい。
ただ。
まずはこの任期を責任を
持って全うすることが最優先であり、
それが私を議会に送ってくださった方々への
最大の感謝の意思表示でもある。
その気持ちを忘れず今後も議会に臨みたい。