• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

6月議会の審議について、もう一つ。
岩槻ワッツビルへの区役所移転の案件。
岩槻駅前のワッツビル。
運営母体の岩槻都市振興という外郭団体の株式会社が、
事実上の破綻をし、
再生のための計画を進めることとなった。
もともと旧岩槻市の時代から経営が危ぶまれおり、
メインテナントのマイカルの撤退がその背景にある。
ところが、民間企業の来てがないため、
収入の確保ができない。
その空いたスペースの家賃収入が入らなければ、
再生する計画の矢先での破綻が決定的となる。
岩槻都市振興が破綻すると、
その駅前ビルは誰か第3者の手に渡る可能性が出てくる。
さいたま市行政は、
苦渋の判断で岩槻区役所を移転し、
その空きスペースに入ってもらうことで、
家賃収入7000万円を確保し、
安定的に再生計画を進めていこう、
そんな補正予算議案であった。
しかし。
私も常々考えているが、
区役所移転は簡単な話ではない。
岩槻区役所は耐震化が必要なほど老朽化している。
しかし、そこはすでに実体があり、
人の汗が染みついた場所である。
審議で明らかにされたが、
明治時代から県庁、市役所としても親しまれた場所だけに、
簡単に移動する、
という話にならないわけだ。
この移転費用にかかわる補正予算を見た際、
率直に実感した。
私はそれでも移転し、
岩槻駅前を何とか再生してもらう道が望ましいと考え、
一貫して補正予算には賛成しているが、
区役所移転には何かすっきりとしない
想いも抱えながらの判断だった。
それは私の所属している会派の皆が、
同じ思いだったのだろう。
ギリギリのタイミングであり、
余り残された時間もないという中で、
岩槻区民に十分な話が伝わらないことへの反発から、
自治連合会挙げての請願書提出に発展。
白紙撤回を求める請願書は
賛成多数で議会で議決されるに至った。
結局、その後の補正予算では、
賛成多数で議決され、
予算の執行が許されるものの、
附帯決議が付けられ、
くれぐれも市民に説明すること等が
求められる結末となった。
この件。
判断が難しかった。
さらには市民への説明、
という重要にして困難なことを伴う案件だった。
現実と理想のはざま。
物事を進める難しさ、
を実感するケースだった。
物事を決定することこそ、
議員の最大の仕事であり役割。
内面に重たい空気が残されている。
最後に議会の一連の混乱について【後編】で。