• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

官房機密費をめぐる話がくすぶっている。
野中前衆議院議員より、
打ち明けられたのが発端。
その後、一部週刊誌などが取り上げていたが、
肝心の大手のメディアがほとんど取り上げていない。
ジャーナリストの上杉隆氏らによれば。
一部政治評論家だけではなく、
こうした大手メディア関係者にも、
世論操作の一環で官房機密費が、
直接・間接に配られていたという。
受け取っていないのは、
田原総一郎氏だけだったそうだ。
これが事実だとしたら。
各大手メディアは「政治と金」の問題を
取り上げる資格を失うではないか。
この数年間。
どれだけ大きく「政治と金」の問題が
大手メディアによって取り上げられてきたのか。
官房機密費問題。
肝心の大手メディアが、
自浄作用を働かせられるかどうか、
国民は注目している。
もし何ら後ろめたさが無いならば。
この問題は、政治サイドからの金による
世論操作に関わる重要な問題であるから、
沈黙せず最重要の問題として
取材し、取り上げるべきだ。
また、民主党政権は、
この官房機密費の支出に関して徹底調査をするとともに、
少なくとも支出先を記録に取るなどして、
後世がその使途を知ることができるようにするなど、
あり方を見直すべきだろう。
この機密費は外交における高度な交渉時などに使用するなど、
国益につながる支出として、
国民が政府を信頼して裁量を任せて限定的に認めているもの。
その政府が自らの政治的活動のために使用していたとなると、
使途に合わない支出となるのではないか。
民主主義の根幹に関わる大きな問題だ。
こうした過去の政治の負の遺産がいまだ残され、
継承されようとしていることに憤りを禁じ得ない。