• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

先日の谷選手に関するブログに対し、
厳しいご意見をいただきました。
以下、抜粋して記します。
     ★
私は―違和感を感じずにはいられませんでしたので、
突然ですが、立ち寄らせて頂きました。
主婦、母親業に加え、選手としての練習と政治活動とで、
両立していけるものなのか、
疑問を感じるのは私だけでは無いと思います。
ちょっとパートに出るのとは、わけが違うのですし、
私達国民の税金で、報酬を貰い活動していくという事を、
少し安易に考え過ぎている様で、とても残念に思いました。
     ★
…全くその通りです。言葉もありません。
今振り返ると、いささか冷静さを欠き、感情が先走りました。
この方に以下のような返信をしました。
     ★
コメントありがとうございます。…確かに。おっしゃる通りです。○○さんの言葉の重みをひしひしと受け止めています。政治家の姿勢として、片手間ではできないことは、私も自ら実感しているところです。あのように書いたのは、結構感情が先走った面もあり、それは私が柔道の経験があるなど、田村選手にかなり肩入れをして見てきた面が作用しているのかもしれません。現に私の周囲の知人・友人たちも、○○さんとほとんど同意見でした。他の人であれば、このような立候補表明には、確かに疑問に感じることでしょう。それでも、「ヤワラちゃん」のこれまでの数々の挑戦と同様に、この件も応援してしまいたくなる、そんな思いで記したものです。ご意見ありがとうございました。
     ★
決して政治が片手間でできるものとは、
当然のことながら思っていません。
政治家の個々人の姿勢が大いに問われているこの時。 
いささか感情的な文章を記してしまったなあ、
と振り返っているところです。


コメント一覧

返信2010年5月25日 10:10 AM

牡丹宮25/

お忙しい中、記事にまでして頂き有難うございます。 土井さんの返答読ませて頂きました。 今回、谷亮子さんに出馬要請をされた方が何方なのか存じませんが、 そのような話が出た時、谷選手に対して周りの関係者や民主党内に 助言なりしてあげれる人間がおられなかったのでしょうかね―。 本気の志あらば、現役を退いてからでも遅くはないのでは?とも思いますし。 少しもこういった声が上がらなかったならば、私はそれも残念でなりません。 選挙結果がどうであれ、今後の谷選手の活動やイメージに繋がる問題ですもの。 また、メディアに取り上げられた、国家公務員法改正案の強制採決時に起きたという、 三宅雪子さんの転倒事件でも、民主党の対応に疑問や、不信感を抱いている国民も少なくないですね。 土井さんの仰る通り、「政治家の個々人の姿勢が大いに問われる時」なのだと思います。 此れからも私達国民、市民の代弁者として頑張って下さいませ。 P:S★伏せ名やコメントが未承諾なのは、私へのお心遣いからと思いますが、     HNつき、承諾して頂いて構いませんので以後宜しくお願いします^^

    返信2010年6月5日 11:28 PM

    土井 裕之24/

    ご意見ありがとうございました。返答が送信できていなかったようで失礼しました。ぜひまたご意見ください。土井

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です