• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

すでに新聞報道もされている。

盆栽美術館が、開館以来25日目にして
入場者数が一万人を超えたという。

5億円の購入、
美術館の建設に対する箱モノ批判、
盆栽枯死、
そして館長の就任辞退騒動…

これ以外にも様々な盆栽をめぐる話が、
噂も含めて聞こえてきた。

盆栽振興を所管する市民生活委員会の、
委員長という立場だっただけに、
その実感はなお強い。

前途多難。

そんな言葉がぴったりの状況でスタートした。

これだけの前倒しでの入場者数は、
館長の問題がむしろ話題を呼んだのかもしれない。

ただ、これからが大事な時期だ。

連休中の5月3日〜6日まで「大盆栽まつり」があり、
相当な数の入場者が期待できる。

その後である。

この流れを所与のものとせず、
積極的な振興に努めなくてはならない。

市長の決断で庁内横断の
プロジェクトチームが立ち上った。

担当職員や組合関係者の方々は、
気を抜かずに、さらなる環境整備に努めていただきたい。

市民生活委員会では、
連休明けにこの一連の流れを調査する機会を設ける予定でいる。

私たち議員も応分の責任を果たしていかなくてはならないと、
気を引き締めていきたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です