• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

f3e3a4bb.jpg

帰国して初めての日曜日。

いつもと異なる光景。

午前中に用事がないときには、
必ずといっていいほど、
田原総一郎さん司会のサンデープロジェクト、
略して「サンプロ」を見ていた。

その番組が前年度内で終了していたのだ。

実は私は一度、取り上げられたことがある。
3市合併時に辞職した件を取材され、
そのインタビューシーンが放送された。
全国の友人・知人から激励の連絡をもらった記憶がある。影響力は並ではないと思った。

この時の裏話。

実は激務から解放されて
気が抜けたからなのか、
遅い春風邪を引いていた。

体調優れない中でも、
何とか気力を振り絞って話をした自宅の部屋。

しかし。

そのシーンだけでは、
至らなかったようで、
責任者らしき人が、
「この近くに公園がありませんか」
と言うのだ。

少し晴れ間が除くが、
風のヒューヒュー吹く中、
公園で青白い顔をして紙を振り乱して、
鼻をズルズルやりながら、
やっとの思いで言葉を振り絞ったのを覚えている。

出来上がりを見るだけの胆力はなかった。

さて。

あの番組の緊張感を、
もう見ることが出来ないのは残念だ。

いささかテレビ映りばかり
気にする政治家もいただろうが、
何はともあれ、真剣勝負を見るのは
心が研ぎ澄まされるものた゛。

何か気の抜けたビールのような、
予定調和や録画放送の討論番組よりも、
生放送で真剣見あふれるやり取りの場面には、
手に汗を握ったものた゛。

後継番組が始まったが、
見て数分でテレビを消してしまった。

「批判ばかりして提案をしない」と
自身のいるメディア界にも厳しかった田原氏。

自身は
「ディレクターのつもりで司会者をやっていた」
という。

写真の最新の日経ビジネスには、
政界からの圧力についても記述があるが、
こうした圧力に屈しない姿勢は、
一目おかねばならないだろう。

稀有な存在であった。

言論を守る意味から、
マスコミ人としてこの勇気と覚悟は、
関係者に引き継いでほしいものた゛。

例を見ない番組が終了したことを、
寂しく思う次第である。