• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

行政刷新会議に注目している。

今、「事業仕分け」を行なうための
体制作りが着々と進められている。

私の面識のある人も中に入って役割を果たす。

中には議員辞職をするほどの、
それだけの覚悟を持って参画する人もいる。

私はこの事業仕分けにより、
実質的な国の形が変わると考えている。

各事業を有識者が仕分けることにより、
国と地方の役割の明確化が進む。

これにより、
地方も本格的な自立への道を歩むこととなる。

地方が自立する…

これは直ちにそれぞれの自治体の議会の主体性が
問われることを意味している。

この自治体議会こそ、
「自」ら「治」める「協議の場」であるとともに、
「決定の場」となるのだ。

議会が、
その自治体ごとの地域社会のあり方を決める。
そんな時代の端緒についた。

議員自身が、
これまでのように行政お任せ体質では、
分権の流れにおいて、
上手く市政の運営ができるはずがない。

私の持ち場は、さいたま市議会。

これらのことを念頭に、
行政刷新会議の成果を大いに期待しながら、
ますます主体性あるさいたま市議会改革への
一端を担っていきたい。

   ★   ★   ★

10月10日

●早朝、自宅にて9月議会準備など
●午前〜夜、御殿場にて
 明大大学院・青山佾教授合宿に参加

10月11日

●午前〜昼、明大大学院・青山佾教授合宿に参加
●午後、旧岸信介元総理邸見学など。

10月12日

●早朝、自宅にて9月議会準備など
●午前、市民生活委員会打ち合わせ
●午後、行政職員と打ち合わせ
●新聞記者取材
●市民との懇談
●〜夜、議会にて事務作業等