• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

さいたま市議会は、
「見沼田圃将来ビジョン検討特別委員会」
を設置した。

私はその委員。

9月25日にその第一回目の委員会が開催された。

見沼田圃――

その言葉から出てくるイメージは、
●豊かな自然空間、都市の農地
といった面もああれば、
●後を絶たない産廃不法投棄の場所
といったネガティブな面もある。

約5000年前。

ここは海であった。
当時の温暖化の影響である。

江戸時代。

農業用に広大な「溜め池」が作られた。
灌漑用のダムであり「見沼溜井」と名付けられた。
南側の田に水を供給する役割を担った。

8代将軍吉宗の時。

このため池による水害の防止などの観点で、
新田開発がおこなわれる。
ここで見沼代用水の誕生となる。

見沼溜井にわる用水
これが「見沼代用水」の名前の由来である。

吉宗と同郷、紀州藩士の井沢弥惣兵衛により開発された。

今の見沼の原型は、
この時にできたものだ。

農業のための「利水」の面で利用されていた見沼だが、
昭和33年の狩野川台風による「治水」効果が見直され、
開発が進まないよう埼玉県が「見沼3原則」を策定。

このため、結果的に、
東京近郊における広大な自然緑地空間が残さた。

さいたま市では、
これを貴重な財産として、
保全するとともに、
今後は活用していく方向性にある。

約1260ヘクタールのこの地の主な構成は、
●農   地:41%(田6% 畑35%)
●公園・緑地:10%

となっている。

見沼をめぐる課題は山積みだ。
何もしなくとも、
この自然が残るというわけではない。

少し上げてみると、
●地権者の意向(市や県に買ってほしい)
●農業の後継ぎ問題
●産廃不法投棄の防止と撤去
●活用のための方策の検討
などである。

行政は「(仮称)見沼基本計画」を、
この2年間で策定する予定。

議会の特別委員会としては、
これらの進捗状況のチェックを含め、
関係者からヒアリングをし、実態把握からスタートする。

「将来ビジョン」をいう、
あまりにも壮大なスケールの委員会のため、
おそらくは、残りの1年半の任期では終了しないだろう。

この任期では、
まず実態把握がメインとなるのではないかと思う。

いずれにしても、
議会を挙げての見沼への取り組みがスタートした。