• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

「シーティング」という日本では新しい考え方がある。

自ら生涯を負っている山崎泰広さんは、
この考えを広めている「伝道者」的存在だ。

山崎さんの自著。
『運命じゃない!―シーティングで変わる、障害児の未来。』

車いすやインフラの整備に道具によっては、
障害者が障害者でなくなる。
それどころか「納税者となる」。

そんなメッセージを山崎さんは発信する。

山崎さんの講演の最後に出てきたのが、
とある居酒屋の光景。

カウンター越しに調理場を見てると、
普通の居酒屋の光景のままだ。

親方が一人で切り盛りしている。

しかし。

驚くのは、その調理場の中を写した写真だ。

その親方、車いすに乗っている。
しかし「高さ」が違う。

座っている高さではないのだ。

立つ高さに改良した車いすに座っているのである。

山崎さんは最後に言った。

「環境さえ整えば、退院した次の日から納税者なのです」。

本当の社会参加とは何か。

シーティング初め、
山崎さんの新しい考えが広がることで、
身体障害者の世界に新しい風が吹いていくのではないか。

現に山崎さんは何人(何百人?)もの障害者の、
笑顔をもたらす取り組みをしてきている。

山崎さんの話を聞くのは2度目だが、
改めて衝撃を受けた。

   ★   ★   ★

9月11日

●早朝、自宅にて9月議会準備など
●午前、会派会議
●市民生活委員会
●昼、会議
●午後、議会にて9月議会準備
●夜、北京市幹部らとの懇親
●明大大学院関係者との懇親

9月12日

●終日、9月議会関係調査など

9月13日

●終日、9月議会関係調査など

9月14日

●早朝、自宅にて9月議会準備など
●午前、市民生活委員会
●午後、9月議会打ち合わせなど
●市民との懇談
●エファップ:山崎泰広氏講演
●夜、自宅にて9月議会準備

9月15日

●早朝、自宅にて9月議会準備など
●午前、市民生活委員会についての打ち合わせ
●市民生活委員会
●午後、会派内予算要望プロジェクト
●議会にて9月議会準備など
●夜、盆栽に関する調査など