• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

ある年のお正月。

その人は、次の衆議院選挙のために、
地元のあいさつ回りをしていた。
都議会議員や地元の有志たちとともに。

餅つきなど、にぎやかな新年会。
確かにその人はその場所に来ていた。

しかし。

しばらくすると、いなくなってしまった。

いくら探してもいない。

同行した都議らは、
時間いっぱい挨拶をして、
その場所を後にした。

帰途に着こうと車に戻った時。

その人は、車の中にいた。
そして、その手には本が握られていた。

地元あいさつ回りはそこそこにして、
寸時の時間を惜しんで学んでいる、
というエピソードであった。

その人―

与謝野馨大臣である。

麻生内閣の評価は、
もはや、ここで触れる必要はないだろう。

今日、与謝野大臣は、
中川大臣の後任の兼務を引き受けた。

麻生内閣の支持率は最低の領域に入った。
それに輪をかける中川大臣の
二転三転の上での辞任劇。

この後を引き受けるのは、
誰しもが抵抗を覚えるだろう。

勇気のいることだ。

まさに火中の栗を拾う行為である。
でも、言い訳をせずに引き受ける。

幕末の自民党にも、
このような覚悟の政治家がいることを、
改めて示すこととなった。

常に研鑽を積み、
いざという時には勇気をもって行動する。
こんな姿勢に大いに学びたいものだ。

       ★

2月16日

●早朝、自宅にて2月議会準備など
●午前、総合政策委員会、会派内委員打ち合わせ
●会派会議
●総合政策委員会
 …質疑「特殊勤務手当」「新市庁舎基金」など
●午後、総合政策委員会、打ち合わせ
●〜夜、議会にて2月議会準備など
●自宅にて、2月議会準備など

2月17日

●早朝、自宅にて2月議会準備など
●午前、総合政策委員会
 …討論・採決「新市庁舎基金」のみ賛否分かれる。
  私は賛成。老朽化著しく、
  耐震化していない。
  いつかは建て替える必要があるとすれば、
  突然財政支出を単年度の枠内で行うよりも、
  基金という貯金をしておいて、
  財政負担を平準化し安定化させることが必要となる。
  そんな趣旨で賛成。 
  決して大規模建設に、
  無謀に賛成したりということではない。
●午後、議会にて2月議会準備など
●会派会議
●〜夜、議会にて2月議会準備など
●自宅にて2月議会準備