• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

「現場が最先端なんですよ」

民間団体の児童自立支援施設の職員の言葉。
各種児童施設を渡り歩いてきたその人の言葉は、
説得力があった。

つまりは学者や専門家は、
起きたことをまとめ、
整理し、教えてくれるが、
現実は常にそれを超えている。

誰にも想定しえないことが日常に起きている、
ということ。

そもそも一人ひとりの子どもの事情が異なる。
普段は屈託のない笑顔の普通の子どもたちだが、
その子どもの不確定な行動が、
職員の肉体・精神に大きな影響を
及ぼしているケースが少なくない。

学校での事件、怪我、その他…
ここでは書けない出来事も多数聞いている。

昔は「一列に並べ!」の命令方式で
なんとか大人数を少数の職員で見てきたが、
いまやその方式は人権尊重の流れを受けて姿を消した。

私も、これまで児童養護施設や自立支援施設、
その他の各種現場を見てきた。
また、自身も空手道場での
現場で様々なケースを見ている。

言うほど簡単なことではない。
複雑で深刻な事態が現場では生じている。
それも頻繁に。

子どもの環境の話だけではない。
高齢者介護や障害者、貧困の支援…
どれをとっても、
現場で起きていることはもっとも先を行っている。

私たち議員は、
行政職員からの間接的な言葉を聞き、
現場を把握することが多い。
その際には、
聞いただけでわかった気になってしまう。

自らを戒めなければ、と思う。

      ★

12月7日

●午前、自宅にて事務整理・議会準備など
●午後、大谷口地区避難所運営委員会準備会
●夜、知人との懇親

12月8日

●午前、会派会議
●総合政策委員会
 …討論・採決。
  議案は、産科医の待遇改善、
  中小企業の融資制度などについて。
  食肉市場の議案について賛否分かれる。
  私は「賛成」。
  反対理由は「競争原理の導入への懸念」
 …研究テーマである
  「地域振興に資する観光政策について」
  の意見交換など。
●午後、議会にて事務作業・議会準備など。
●夜、市民との懇親。

12月9日

●午前、総合政策委員会
●午後、議会にて事務作業など。
●夜、明大大学院関係者との懇親
 …国際的銀行の職員にサブプライム問題の本質を聞いたり、
  大学職員に昨今の就職情報を聞いたり。

12月10日

●午前、自宅にて事務作業など
●議会運営委員会・傍聴。
●午後、議会改革・牛山先生講演
●夜、クリの家(児童自立支援施設・NPO)
 …ボランティアに入ることに。
  後日の宿泊のための顔合わせの食事。

12月11日

●早朝、自宅にて議会準備など
●午前、会派内、予算委員会・委員会議
●午後、予算委員会「中小企業支援」「新型インフルエンザ」