• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

この寒いさなかの朝。
目覚めるとすごい寝汗だった。

夢を見た。
汗は、その内容が原因。

その中の私は選挙戦二日目にいた。
ところが何の準備もしていない!

ポスターを張っていないとか、
支援者が集まっていないとか、
そんなレベルではない。

まったくの準備がないまま、
今のまま選挙戦がスタートしているようなのである。

実際にはあり得ない話で、
そもそも届け出をしないままの
選挙戦はあり得ないのだが、
なんだか状況は動いている。

「これはえらいことだ」
「準備をしなくては…」
という焦りがにじみ出てくるも空回り。

さらには次々に会う
周りの家族や関係者はのんびりしたもの。

最後の場面では、
テレビに噛り付き、
肥りに太ったお母堂の姿が…

目が覚めた時、
シャツはぐっしょり濡れていた。

内容はどうあれ、
政治家のはしくれが
選挙の「怖い夢」をみる事例をご紹介しました。

      ★

12月2日

●午前、議会…一般質問
●午後、議会にて事務作業など
●議員との懇談・打ち合わせ
●夜、道場
●道場関係者との懇親

12月3日

●午前・午後、議会…一般質問
●夜、会派議員との懇親