• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

ある地域のPTA会長と話をした。
今年初めて就任する。

その地域は都市部にあるにもかかわらず、
恐ろしく「古い」体質だという。

地域活動をしている高齢の役員からは、
PTA活動は低く見られ、
活動に協力してもらえないどころか、
妨げられてしまっている状況だそうだ。

そのように見られてしまうのは、
年齢的に「若い」からなのだろうか。

また、学校の校長や教頭なども、
自己保身が強く、
とても子どもたちのための
協力体制を築ける状況ではないらしい。

しかし、
その新会長は挫折感を覚えるどころか、
前向きに次の策を練っている。

「子どもたちのためにPTAを活用したい」
そんな強い気持ちの下、
古くなって形骸化が著しいといわれてきたPTAを、
立て直そうと強い意気込みだ。

よく考えれば、
企業にしても、
政治にしても、
どの分野であれ、
多少の差はあっても、
同様の構造的な課題を抱えている。

そして、その風穴を開けることが
「改革」とされている。

世代交代を進めるには、
まず自ら責任を引き受ける情熱ある人材が必要だ。

こうした人材を会長に得た
この地域のPTAには、
明るい未来が約束されているようだ。

       ★

6月11日(水)

●早朝、自宅にて事務作業など
●午前、会派会議
●本会議
●予算常任委員会・理事会
●議会にて事務作業など
●会派懇親会

6月12日(木)

●終日、自宅にて事務作業など

6月13日(金)

●午前、自宅にて事務作業など
●午後、PTA会長との懇談
●市民との懇談
●夜、自宅にて事務作業など