• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

「客観的で正確な現状認識に
 基づくものであれば、
 問題は少ないが、
 逆に主観的で不正確な認識に
 基づく場合には、
 政策(法令)の内容が怪しくなる」

労働市場制度に関するシンポジウムにおける、
ある学者の意見である。

現在の日本の労働関係法令が、
あまりに感情的で、
狭い価値観に基づき、
時代の変化を汲み取らずに
設計され制定されている、
ということである。

政策(法令)は「成果」を挙げて
はじめて意味を持つもの。
作ることに目的があるわけではない。

ところが労働法に限らず、
政策や法令を制定する際、
こうした作ることに目的があると
見受けられる事例は枚挙に暇がない。

今こそ、「着眼大局 着手小局」
という言葉の意味を、
かみ締めるときだろう。

日本にも腰を落ち着けた議論の場が必要だ。
浮き足立っているように思えてならない。

国会がそのような機能を
果たしえていないことが、
日本の最大の課題なのではないか。

       ★

4月1日(火)

●自宅にて原稿・事務
●議会にて原稿・事務
●議員との懇談
●道場にて稽古

4月2日(水)

●自宅にて原稿・事務
●北区(東京都)まちづくり視察
●都内自治体職員との懇親

4月3日(木)

●自宅にて原稿・事務
●議会にて原稿・事務
●議員との懇談
●道場にて稽古

4月4日(金)

●シンポジウム「労働市場制度改革」
●市民との懇談