• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

「ノルウェーの夜は何時からだか解かりますか」
私は目の前の数人の人たちに聞く。

「夜8時かな」「夜9時でしょう」「夕方6時?」…

答えは「午後4時」。

今年8月に明大大学院の有志で訪問した
ノルウェーの視察にて、
フログン市議会を傍聴した。

「夜間に開かれる議会」と聞いていたから、
私も「日本時間の夜」だと思い込んでいた。

しかし、午後4時30分より、
議会は開会されたのだった。

つまり、ノルウェーでの夜間議会とは、
この時間からスタートする。

この見学の体験は、その後、
私にとって、
様々なことへの考えを導き出した。

特に、日本社会の仕事時間の長さ。
ノルウェーは、9時から4時が働く時間だ。

日本は、下手をすると、
8時30分から7時ごろである。
それに満員電車に揺られての帰宅である。

これでは夜の時間はヘトヘト。
これで家庭や地域の時間を持つことは困難であろう。

グローバル経済の過酷な時期に入り、
困難だといわれそうだが、
それでも働きすぎのこの状況の改善は、
社会の正常化や持続性を期する意味で、
必要不可欠なことだと考えている。

ノルウェー時間とまでは言わないが、
せめて夜の余力が残されているような時間が
確保できていることが理想なのだと思う。

       ★

12月16日(日)

●明大大学院・論文作成
●空手道場・クリスマスパーティ
●道場関係者との懇親

12月17日(月)

●12月議会・準備
●無所属の会・会議
●12月議会・準備
●市民との懇談
●議員との懇親