• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

「私もまずは英語よりも日本語だと思っていた。
 しかし、どこの企業でも、国際会議でも、
 皆、現実には、
 英語でコミュニケーションをとるようになっている。
 アジアの中で最も遅れているのが日本ではないか。
 そう考え、英語による学校を作るに至った」

太田市の清水市長の第2弾。
先日の懇談での話で、
上のような内容の話があった。

太田市には『ぐんま国際アカデミー』という、
私立学校がある。
この学校の特徴は英語で授業をする点だ。

ぐんま国際アカデミーHP

構造改革特区制度の第1号として、
画期的な取り組みで今もって注目を集めている。

この取り組みの背景にあったのは、
清水市長の「危機感」。

将来を見据え、
想像力を働かせる。
その延長線上に日本の未来を描いたのだろう。

今何をすべきか熟考し、
勇気を持って進めていく。
そんな行動力から多くを学びたいものだ。

       ★

11月28日(水)

●自宅にて事務作業、大学院論文作成準備
●明大大学院生との懇親

11月29日(木)

●全農関係者と打ち合わせ

11月30日(金)

●12月議会・議案説明会
●HP業者との打ち合わせ
●無所属の会・会議
●明大大学院授業「関東大震災から」「政教分離」
●明大大学院生との懇親