• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

子ども虐待防止のキャンペーンが行なわれている。
「オレンジリボン運動」という。

今年5月に市内で起きた親による子どもへの虐待事件。
地裁判決が11月8日に出たことが新聞報道されていた。

虐待の問題の「解決」は、
子どもを「施設に保護する」ことではない。
これは緊急避難に過ぎない。

親子が穏便に生活できる状況をどう取り戻していくか。
これほど困難なことは無いが、
「解決」と言うならば、
ここまでを視野に入れなければならない。

現在、厚生労働省では、
施設退所後、半年間の支援するプログラムなどを
盛り込んだガイドラインを作成中だ。
試行錯誤が続いている。

現場にいる専門家は、
今この時も、子どものために奮闘している。
人生をすり減らしている、
という言葉が大げさでないほど、
深刻な事態である。

ふと、先日お会いした
札幌市トモエ学園の園長の姿が目に浮かんだ。
現代の心のヤミに果敢に挑戦する幼稚園である。
母親が子どもとともに登園するという特徴を持つ。
子どもの問題は親の問題であるというのだ。

虐待の問題も、いじめも、その他の犯罪も、
各種の問題が一つの原因の上にあるのかもしれない。
そろそろ大局的な視点をもって、
ことの解決に臨まなくてはならない時期なのではないか。
そんなことを考えている。

11月8日(木)

●この日は一日自宅にて書類と格闘。
 一歩も外に出ず!

11月9日(金)

●未明から事務書類整理と会議準備
●午前〜午後、会派にて予算提案のための会議(長い長い会議だった…)
●支援者のお通夜
●自宅にて書類整理など