• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

戦時中に起きた沖縄の集団自殺。
これについて軍命があったかどうか、
教科書の掲載をめぐって問題となっているようです。

私は、その事実は実際にあった、
と考えています。

沖縄の参議院選挙においては、
与党・野党の両候補とも同様の見解を示していることが、
これを裏付けています。

歴史的事実は、
正確に後世に残していくべきですから、
もし教科書検定の段階で削除するとしたら、
私は賛同できません。

分権時代に入り、
この教科書検定制度自体も
見直す時期に来ているのかも知れません。

ところで。

沖縄のこの問題を考えていた時に、
この4月の選挙の際に聞いた衝撃的な話を思い出しました。

終戦時、旧浦和市域であった話です。
話をしてくれた初老の女性がまだ子どもころの出来事。

天皇陛下からの終戦の宣言が終わった時だったでしょうか。
その時、小学生くらいの子どもたちは誰彼なく集まり、
防空壕に行ったといいます。

戦時中、いつも子どもたちで行っていた場所。

「いま考えれば、そこで子どもたち同士で自殺をしていたかもしれない」
そんなことをその女性は言っていました。
「集まったのは、自決をするためだった」と。
リーダー格の少年の号令でそこに行ったそうです。

なぜ思い留まったのか。
確か「大人の人がストップをかけたからだ」
と聞いた記憶がありますが、
いずれにしても、この地域も例外なく、
戦争のひずみが子どもたちにまで及んでいた、
という事実を私に突きつけるエピソードでした。

   ★   ★   ★

7月9日(月)

■午前〜午後
▼財政自主研
財政健全化法、民間化について。
いま進められている民間化においては、
モニタリングにコストをかけなければならない。

■夜
▼お通夜
支持してくださった方の奥さんがお亡くなりになった。

▼明大大学院 青山先生
東京近郊の飛行場について。
世界の都市のうち、
世界の重要機関がおかれる都市は、
例外なく空港が近いところにある。

日本では、成田空港は遠いところにあり、
羽田は韓国・中国の一部にようやく開かれたところだ。
他国の都市でも東京へのニーズは大きいが、
成田は許容量を越えているため、
日本との直行便を結べないでいるという。

これがいかに日本の社会や経済に
大きな影響を与えているかは言うまでもない。

現在、米軍の横田基地を民間に開放できないか、
と東京都が交渉しているのも、
こうした事情が背景にある。

▼ロンドン等視察打ち合わせ

7月10日(火)

■午前〜午後
▼資料整理など。

■夜
▼お通夜
お亡くなりになったのは、
元市議の芳賀義宜さんだ。
まだ55歳だった。

市議選に出馬することも当初は考えていたそうだが、
病気療養のため、断念したと聞いていた。

立場は異なっていたが、
同じ方向を見ることができる方だと思っていただけに、
残念でならない。

7月11日(水)

■午前〜午後
▼無所属の会・会議
5時間にも及んだ会議。
途中、業者との打ち合わせ2件。
昼ごはんは15分。

政務調査費の使途などじっくり話し合った。

■夜
▼青山先生を囲んでの懇親
明大大学院教授の青山先生が埼玉に講演に来ていたため、
その後の時間で先生におつき合いいただいたものだ。

都庁職員としての経験の一端をお話しいただくなど、
有意義な時間だった。

先生は一人、埼京線の大宮ホームへ消えていった。

7月12日(木)

■午前〜午後
▼いろいろと雑用など

■夜
▼道場

7月13日(金)

■全日
▼原稿書きなど