• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

11月18日から19日にかけて長岡市へ。

長岡市と合併した旧栃尾に住む
星野辰正さんのお招きで訪問したもの。

星野さんには、私の活動で大変お世話になっており、
今回はその恩返しの意味を込めての訪問だった。

午前9時過ぎに車で自宅から出発し、
13時ごろ栃尾支所着。
星野さんの活動されている
「長岡市民オンブズマン」
のチラシの配布のお手伝いをした。

夜、地元でライオンズクラブの責任者でありながら
執筆活動をしていらっしゃる方などが参加し、
オンブズマンの活動報告会。
私はそこで現在の地方自治や政治の状況を話した。

懇談の席では、地元の「八海山」の登場。
また、栃尾のお酒「鶴」もあとから参上。
このお酒は本当においしかった。

栃尾のはずれにある「長生館」という旅館に宿泊し、
次の日は長岡市街地へ。

駅前と集客施設の前でマイクを使用しての活動報告。
お昼過ぎにすべての工程を終え、
昼食後、長岡を後にした。
関越自動車道を通り帰途に着く。
途中、花園ICから先が渋滞しているとのことで、
一般道に回避し、
熊谷からさいたま市に帰った。
家に着いたのは18時ごろだった。

     ★

今回、栃尾の経営者の方々と接することができたが、
その際、栃尾市の経済の厳しい側面を聞いた。

基幹産業がない。
観光産業では食べていけない…。

栃尾は、合併し、長岡市の中心街に
様々なものを吸い上げられていくだろう。
地元の人たちに危機感はあっても、
なかなか可能性が見出せないようだ。

宿泊した旅館には朝早く数人のおばあさんが
掃除などの雑務をしに来ていた。
この方々は、
旅館があるからお金を得ることができる。

旅館では食事も出しているが、
この食事には「油揚げ」など、
栃尾の地域の食材を出している。

旅館が無くなれば、
これを提供している地元の業者や
個人がお金を稼ぐスベを失うのかもしれない。
旅館も決して宿泊客が多いわけではないのである。

「長岡は、基幹となる起業がない」。
地元の建設業を営む方から聞いた話だ。

「シャッターどおり」との揶揄されている商店街は、
ますます人手がない。

地域経済は連関し、循環している。
経済が冷え込めば冷え込むほど
様々な影響を与えていくこととなる。
若い人たちは、
東京など大都市へ仕事を求めて移り住む。
大都市周辺では、
いまだマンション問題や学校の建設が行なわれているが…。

東京という大経済のシステムに
連なるさいたまからは、
とても想像のつかない長岡の状況を目の当たりにした。

     ★

アクティブ度
18日:5415
19日:4601