• 「構想さいたま」未来のさいたまを構想し創造する!

昨日(22日)夜、明大大学院へ。

■■ガバナンス研究
学長でもある中村先生による。
世界的潮流のガバナンス論を知り、
日本を客観的に見る。

今回は、レポートの書き方と、
ガバナンスのさわりを聞く。

国際的には政府は信用を失っているが、
日本ではいまだ行政への信頼が厚い。
課題は地方政治だ。

■■行政史研究
波田先生による。
戦前日本の行政史を見ていく。

今回は、日本の戦前の行政体制に至るモデル、
すなわちヨーロッパから輸入したモデルが、
どのように形成されたのか、などを聞いた。

人類の知恵で、
官僚というプロのピラミッドの
頂点にのる治者は素人、
という仕組みを作った。

プロとプロの組み合わせが暴走を呼んだのは、
1930年代のアメリカや戦前日本の軍部に象徴される。

        ★

今週より明大大学院の後期のスタートだ。
私にとっては来年4月の選挙までの半年と重なるが、
貴重な知恵を得る機会を最大限活かしたい。

ところで今回からその日の「アクティブ度」を記したい。
単なる万歩計の数字を入れるだけなのですが…。

22日のアクティブ度:6737