• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

本日午前・午後、明大大学院へ。

■「公共政策研究」
笠(りゅう)教授による。公共政策について。
哲学・政治学・行政学を混ぜ合わせて学んでいく。
この日は今後の講義の説明。

■「政策研究Ⅷ-A」
青山教授による。危機管理の基本について。

日本はその歴史から、
火山・地震の研究に力を注ぐべきとのメッセージ。

■「自治体条例研究」
村上教授による。条例の位置づけについて。

戦前、日本で初めて条例制定権が認められたのが、
明治21年の「市制町村制」にて。
戦前はまだ都道府県知事は今のような公選ではなく、
内務大臣の任命。

戦後も一度、内務省主導の条文で成立したが、
その8ヵ月後にGHQによる圧力で改正した。
内務省の条文は中央集権的要素が強かった。

戦前の条例制定件に関する考え方が、
今も色濃く残っていることがよくわかった。

【市環費】
交通費:定期券