• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

ある自主研究会に参加した。
研究内容は、「フロリデーション」。

「フッ素」が健全な歯に寄与することは、
すでに広く知られている。
市販の歯磨き粉などに
含まれていることは言うまでもない。
私自身が、最近、歯医者で
それを使用することを薦められていた。

このフッ素を水道水において
濃度調整することを
「フロリデーション」というそうだ。

これを日本国内で実施することを提唱している
専門家を招いての研究会であった。

講師は
境脩氏(福岡歯科大学名誉教授)
小林清吾氏(日大教授)

境氏は、
NPO法人 日本むし歯予防フッ素推進会議
の会長である。

初めて聞く人にとっては、
フッ素が水道水に含まれることへの
違和感があるかもしれない。
「塩素」による殺菌の功罪が議論される昨今である。

私自身が、
フッ素による虫歯予防の効果は聞いていたものの、
あくまで個別に行なうべきものと考えていた。
しかし両氏の説明を聞き、
考えが大きく変化した。

以下、研究会で知った主な点である

▼フッ素について
・フッ素は天然に存在するもの。
・私たちが日ごろ食している
 「エビ」や飲料水などに含まれている。
 その濃度には大きな幅がある。
・水道水にもすでに含まれているところもある。
 つまり長年フッ素が合有された
 水道水を飲んでいる地域もあるということ。
・地形の関係から、
 水道水に含むという方法でないことが
 適切なケースもある。
・歯の形成や表面への作用

▼世界の動向
・すでに60年の歴史がある。
・世界的な潮流である。
・世界60カ国以上で実施され、
 4億500万以上の人々が、
 フッ素合有の水道水を使用している。

▼フッ化フロンティアのアメリカ
・アメリカでは1億人以上が、
 その影響を受ける立場にある。
・約60年前、グランドラピッド市から始まった。
・現在各種団体がその推進団体に名を連ねている。
・根強い反対運動もある。

▼日本の現状
・下仁田などで限定的に行なわれているが、
 水道水への取り組みはまだない。
・厚生労働省は世界の潮流を踏まえ、
 その効果を認めて、
 「自治体からの要請に応じる」としている。 
・法律上、「0.8ppm」以下であれば、
 今すぐにでも市町村の判断で実施できる。

  ★  ★  ★

議員という立場上、
この件に限らず何事においても
安易に飛びつくのではなく、
慎重な姿勢が必要だと考える。

▼が、もしこの方法でむし歯予防ができるなら、
水道水に関わる多くの市民が、
歯の治療代を軽減し、
豊かな生活を送ることができるのでは、と想像した。

私自身が最近、
虫歯の洗礼を受けた1人であるだけに、
そのつらさ、痛さは痛感しているところだ。
経済的にも…。

▼また、今すぐにでも実施できるのに、
政治的・経済的理由で実施しない、
ということならば、
虫歯になった人たちからすれば、
法律で言う「未必の故意」
のようなものに相当するのではないか、
といったことも考えた。

これが本当ならば、
政治・行政への不信感を
高めることにほかならない。

▼水道事業は市町村の事業。
さいたま市の議会・行政も
やるか、やらないかの判断をする立場にある。

もちろん財政的観点からの課題もあるだろうが、
これで国民健康保険財政が圧縮できるならば、
差引で財政的にも大きく貢献する
こととなるのかも知れない。

▼いずれにしても、
現時点では断定的にものを
言えるだけの立場にはないが、
今後この件については、
具体的なことを調査・研究するなど、
自分なりに積極的に
関わっていきたいと考えている。

【政調費】
交通費:スイカでの支払い