• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

建設水道委員会の視察に参加した。

昨日(27日)は西宮市の水道局の話を聞く。

西宮市では阪神大震災の際、
1146人が死亡した。

震災により大きな災害を被った自治体である。
その西宮市の水道行政が、いかに行なわれたのか、
また、どんな教訓を得たのかを中心に聞いた。

1月17日に発生した阪神大震災。
2月末には応急給水のための措置を終えた。

その2年後の平成9年には、
本格的な復旧を終えたと言う。

教訓とすべき「反省点」について、
西宮市水道局の職員は次のように語る。

・職員が休み無しでやっていると体力が続かなくなる
・情報伝達に工夫が必要だ
・交通遮断で動けなくなる
・応援団体の「泊まる場所」「食料の確保」
・とくに病人への応急給水
・独居老人など生活弱者への対応
  (水道局だけでは対応できず、住民の協力が必要)
・トイレ用水の確保
・他のライフライン(ガスなど)を傷つけるなどしてしまう
 どこをどう直したかわからなくなる
・応援団体はそれぞれやり方が異なる
・資材置き場を分散させる必要がある
・災害復旧の補助金をもらう際には
 写真や黒板など証拠の確保が必要
・倒壊した家屋の解体時には、
 水道管も壊れるし、メーターも持っていかれてしまう
・消火用水の確保を