• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

昨日、水道局よりFAXでの「お知らせ」が届いた。
内容は雑誌報道(※)に対する報告。

水道管に発ガン性物質が使用されている、
という雑誌の問題提起に対し、
さいたま市水道局が
(社)日本水道協会に問い合わせた。

その結果以下のような回答を得たという。

  ★  ★  ★

①報じられている塗料は、
 衛生上の配慮から、
 水道施設に用いる水道管については、
 平成元年(1989年)に使用を中止している。

②実態調査の結果、
 塗料を用いた送配水過程の
 水道管における溶出はほとんどない。

(以上、抜粋)

  ★  ★  ★

心配な方は、
さいたま市水道局水道総務課
048-832-1111
までお問い合わせください。

※週刊新潮 10月20日号