• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。
20120512_094714.jpg

太陽の光が薄い雲に遮られ、
少し強めの風吹く午前。
私は人生で初めて上中里駅に降り立った。
なぜかと言えば…
電車を乗り過ごしてしまったからである。
その原因は、春の微睡みではない。
私はそうならないよう、
あえて立っていたのだ。
原因は…
スマートフォン。
インターネットがどこでもできる、
ということは、日常の仕事も場所を選ばないということ。
かくして私の電車移動は、
貴重なメール送受信、
TwitterやFacebookなどの時間なのである。
この日。
Amazonで頼んでいた本の注文確認のメールが入ってた。
普段あまり見ることのない、
その注文欄をふと目を通したところ…
ナント!
数量が「2」になっていたのだ。
同じ本を二冊も注文するはずはない。
恐らくクリックを二度してしまったのだろう。
早速、キャンセル手続きに入る。
シンプルな操作でキャンセルは容易だったが、
肝心のキャンセルが実際にできたかどうか、
気が気ではない。
ようやく、メールが入り、
キャンセルできたことを、
ほくそ笑んでいた、丁度その時。
電車のドアが閉まる音。
窓の外には、
「王子」の駅名の看板が通りすぎていく。
私は別れを噛み締め、
即座に気持ちを切り替え、
次の駅に向かったのでした。
で人生初、と相成ったわけであります。
最後に一句
束の間の
スマートフォンで
春の風
お付き合いいただき、ありがとうございました。