• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

当たり前のことだが。
世界遺産の「原爆ドーム」は、
最初から原爆ドームという名前ではなかった。
広島県物産陳列館として開館し、
原爆投下当時は広島県産業奨励館と呼ばれていた。
そこには人の営みがあったのだ。
…8時15分まで。
現在は、平和記念公園となっているこの周辺には、
「猿楽町」「細工町」というまち並みが存在していた。
生存者たちの証言を通じて、
産業奨励館を含め、その復元を試みたのが、
『ぼくの家はここにあった』(朝日新聞出版)である。
付録のDVDには、CGにより、
当時の風景や音などが再現されている。
明治維新後、
日清戦争で軍都に位置付けられて以来、
豊かな都市として発展してきた。
この地域では、広島の中心地として、
人々が生活を営んでいたのである。
そのまちが、一瞬にして平面になった。
人が瞬時に消えてなくなるだけではなく、
建物もほとんどが爆風で吹き飛ばされてしまった。
被害状況だけを見れば、3・11の津波被害に似ている。
しかし、それとは話が違う。
壊滅的打撃を加えるための爆弾が、
人間の手によって作製され、実際に使用されたのだ。
人為的行為だけにより罪は重い。
あれから66年目の8月6日を迎えるにあたり、
この事実を今一度、念頭に刻みたい。