• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

九州のある町。
何度も足を運んだ。
雄大にそびえる阿蘇の峰の絶景の広がる、
農業の町である。
ここに暮らす政治の刷新を求める人たち。
古い流れを変えようと汗を流し、
自らそのための挑戦を続けてきた。
が…
ことごとく、夢は破れてきた。
町は過疎化し、展望が見いだせないままだが、
しかし農家が大半を占めている民意は、
「このまま」を選択してきた。
そんな現状維持の町。
ところが、この度。
この町に新たな風が吹き込んだ。
この統一地方選挙で新たな首長が誕生したのだ。
現職を破り、新たな町政を約束した候補が誕生した。
東日本の震災の影響も、
この町では無縁、
少なくともほとんどなかっただっただろう。
だから、震災の一時的影響によるものとは考え難い。
かといって豊かではないものの、
夕張市のように破綻したわけでもない。
この政変。
いわば無血革命に匹敵するものかもしれない。
選挙は革命を制度化したもの、という話もあるが、
それを裏付けるようなことが起きたのだ。
改革を訴えてきた人たちは、
絶望し、希望を失いかけていたようだが、
結果は思わぬ形で出たという。
こうして政治に見られる新しい潮流は、
都市部の専売特許ではなくなったようだ。
都市部には納税者が多く、
納税の義務を果たしているわりには、
公共サービスの恩恵を受けている、
という実感がほとんどない。
「税金の使い道を正せ」
という声無き声が聞こえてくる。
だから常に現状に厳しい層が存在している。
無党派層と呼ばれる人たちが
これに該当するのだろう。
一方の阿蘇のこの町を含め、田舎にいくと、
無党派層の数は極端に少なくなる。
だから、これまでとは異なる
投票行動をした人が多かった、
ということとなる。
私は思う。
もう期は熟しているのだ。
有権者は新たな潮流を求めているのだ。
もはやどの地にいても、
この流れはとどまらないのだろう。
あとは政治の場にいい候補、
信頼に足る候補がそんざいするかどうか、
ここに課題があるのだと思う。
鶯の鳴くこの春の日、
40歳を前にこんなことを考えた。