• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

2がつ1日から2月議会が始まる。
任期最後の定例会、
注目点を記しておきたい。
まず総論として。
市長選の余波による混乱が続くが、
市議選を前にさらにヒートアップするだろう。
それぞれの政治勢力が
自分の存在や実績をアピールする機会となる。
中には選挙を全面に意識した
審議も盛り込まれている。
その象徴として、
2月1日午前中に予定されているのが、
初めての緊急質問。
市長の改援隊について
議会改革に関する項目があるが、
2元代表制との整合性が質される。
市長の答弁によっては日程の急遽変更もあり得る。
予算審議も、250億円もの財源不足を、
様々に工面して編成した予算案を、
議会として、どう審議するのか注目される。
行政改革への姿勢が、市長も、我々議員も、
それぞれが問われることとなる。
市長がマニフェストで掲げた項目2件、
「ノーマライゼーション条例」
「文化芸術都市条例」
が提案されている。
どちらも政治主動での立案であり、
新たなさいたま市像を導く意義ある条例案だ。
議会のそれぞれの勢力が、
どう判断していくのか注目される。
その他、様々あるが、
以上が特筆すべき点である。