• 「構想さいたま」未来のさいたまを構想し創造する!

ボクシングの内山選手。
圧倒的な強さで勝利し、
3度目の防衛。
危なげのない、横綱相撲だった。
それまでボディが頻繁にあたり、
逆に相手のパンチは見切っていた。
5回。
一発目のストレートで相手の足が止まると、
一気にたたみかける。
最後は、左のアッパー。
挑戦者は担架で運ばれて行った。
ほお骨を骨折していたという。
チャンピオンとなってから、
3連続KOでの防衛である。
まだ無敗、今後が楽しみである。
その内山選手。
埼玉県出身という以外にも、
特筆すべき面がある。
その謙虚さだ。
勝利後のインタビューにて。
先ず自分が「まだまだ成長できる」と、
今の強さに甘んじない姿勢を見せた。
さらに。
敗れた選手のことを称える。
「試合直前にコーチが亡くなったにもかかわらず、
 試合に臨んだことは称えたい」
そんなことを言っていた。
ストイックなボクシングという格闘技。
本人も言っているが、「命がけ」である。
この若者の今後に熱い視線を送りたい。