• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

さいたま市の職員が逮捕された事件。
財収賄事件。
さいたま市岩槻環境センターが舞台。
設備修繕業務に絡んでの事件である。
19日夜。突然電話が入る。
逮捕の事実を知らせるものだった。
これを聞き、緊張感が走るとともに、
気を引き締めた。
環境局に属するものであり、
環境局を所管しているのは市民生活委員会。
つまり、その委員会の委員長を担っている私は、
昨年の盆栽枯死のとき以上の
委員会運営の責任を負うこととなる。
現在、まだ事実は明確にはなっていない。
警察の捜査の段階であり、
環境局職員の説明でも、
警察の発表の域を超えていない。
現段階では、警察の逮捕の段階であり、司法で結果が出たわけではない。
だから慎重に取り扱いたいが、報道を見る限りでは、本人も認めているようだ。
9月議会を目前に控えた今。
この事件の実態を、
公の場でできる限り明確にするとともに、
再発防止のための仕組み作りにまで至らねば、
市民の信頼が回復できないものと強く認識している。
個人的には、本質的に随意契約の
チェックシステムの問題であると考えている。
いずれにしても、
事実経過を継続してお伝えしていきたい。