• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

結局、ネット選挙はいまだ禁止。
公選法に抵触する恐れがあることから、
当ブログ上での特定の政党や候補の応援等は、
本日の23時59分59秒までとする。
つまりこれが最後のアップである。
その参議院選挙の告示日を前に、
私なりの考えを簡単に記しておきたい。
今回の選挙は、政権交替した
民主党政権の信任を問う要素が強いと考えている。
私は昨年、民主党を直接応援したし
(同時に「みんなの党」も応援)、
今もって政権交代してよかったと思う。
そして政権交替したからこそ、
実現できたこと、着手したことも多々あるだろう。
しかし、物足りない。
親交があり、尊敬もしている
枝野衆議院議員が幹事長になり、
民主党はより好ましい方向に向かっている。
民主党の中でも、説明責任を大切にするなど、
良質の人たちが重責を担っていることも承知している。
それでも、足りない。
やはり、「行政改革」への
取り組みが失速した点が大きい。
政権を任せるにあたって約束した中で、
もっとも国民が期待した項目。
その行政改革が説明もなく棚上げされようとしている。
先日の菅首相による
消費税増税10%発言が決定的だった。
その前に、まだやるべきことはある。
この件は、詳細は先日のブログに記した通りだ。
民主党は、鳩山前首相がその職を辞任し、
小沢前幹事長も同じく辞任して、
数字上の支持率は一気に高騰した。
そしてその勢いは、そのまま持続している。
しかし私は、この選挙戦の最中に、
この支持率は、変動する可能性を
秘めていると考えている。
それは行革や経済成長といった、
国民が優先的に求めている取り組みへの
本気度によって変化していくのだろう。
では、民主党に代わる支持の行き先はどこか。
私は、「みんなの党」に向かって欲しいと思っている。
毅然とした「行政改革」と、
「経済成長」を志向する姿勢。
対照的に民主党はどちらも積極性が見られない。
さらには、何より行掛かりを作らず選挙に臨む姿勢。
組織・団体に依存せず、
政策を訴えるスタイルの選挙。
政策を純粋に訴える姿勢は、
強烈なメッセージとして届けられ、
国民に熟考する機会を与えるだろう。
私は、心の欲するままに、
この選挙に関わることとなる。
7月11日の夜中.
どんな結果が待っているのか。