• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

本日19日と来週月曜日の21日、
予算委員会が開催されます。
傍聴できますので、お時間のある方はお越しください。
注目されるのは、「岩槻ワッツ」の問題。
駅前再開発の岩槻ワッツビルが、
メインテナントの撤退から空洞化の危機を迎えている。
その危機を回避するために区役所を移転し、
存続を図る、という内容。
すでに同趣旨の請願がまちづくり委員会で審議され、
「区役所移転の白紙撤回」の内容に賛成多数の判断が下されています。
土井は「不採択」の判断。
この請願に賛成した過半数の議員たちが、
区役所移転を前提とする補正予算案に、
どんな姿勢を示すのか。
ここに注目が集まっています。
筋論からすれば、
補正予算は「反対」が多数となるはず。
曇りのない眼で、
しっかりその議員らの言動を見つめるとともに、
予算審議全般にわたって真剣な姿勢で審議に臨みます。
岩槻の件は、大変重要な問題ですが、
政治的なやり取りも絡む現在進行形の案件です。
審議が終了する一定の段階までは詳細は控えますが、
議員の判断力が試されている、と考えています。