• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

約5ヵ月間。

7月中旬に市有盆栽の枯死が発表されたのを受け、
議会は検査権を発動した。

検査は、私が委員長を務めている
市民生活委員会に任された。

どれだけの時間を費やしてきただろうか。
実際の委員会の開催をはじめ、
その準備や約40センチにもおよぶ文書との格闘、
各種の調査、ヒアリング、そして委員会記録の読み込み、
関係者との打ち合わせ、委員長報告作りの委員間の調整…

かなりの時間が費やされている。

私は、この件のかじ取りによっては、
さいたま市の盆栽振興自体が白紙になるかもしれない、
との危機感を持ち、徹底した検査を心掛けてきた。

また、「機能する議会」を標榜する私にとっては、
またとない議会の真価を発揮するチャンスでもあった。

この委員会の検査の過程では、
委員各位の熱心な検査・調査への姿勢、
関係者の誠実な協力もあって、
一定の結論を導き出すことができたと考えている。

この件は、市政における本質を含んだ問題であり、
以下の項目に沿って具体的に報告・提言を記していく。

【1】私の盆栽振興に対する考え
【2】今回の盆栽枯死事件の事実経過
【3】市民生活委員会の検査・調査の過程
【4】この件の結論
【5】委員長報告全文
【6】盆栽振興のこれから

なお、この過程においては、
私の言動に関する
名誉棄損案件も抱えることとなった。

現在は渦中にあるため詳細は差し控えるが、
この案件も動きがあり次第、報告をする。