• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

新政権のもと、
「事業仕分け」が実施されようとしている。

親交のある構想日本のメンバーも、
非常勤の職員として行政刷新会議に入った。

「新たな財源を生み出す」
このために効果があることは間違いない。

ただ。

それは目的ではない。

目的は、
「国と自治体の役割の明確化」
であり、
国が過剰に関与している現状を解決していくことである。

議員となって10年間、
浦和市・さいたま市と、
それぞれの自治体における国の関与を
まざまざと見せつけられてきた。

それは自治体職員の意識に入り込み、
政治家である自治体議員にまでも浸透していた。

国の仕分けは、新政権に任せたい。

しかし。

私たち自治体サイドも、
指をくわえて待っているわけにはいかない。

議会も行政も、
国という、基準を示してくれる「親」から、
いよいよ自立するときが来た。

簡単なことではないが、
自立の喜びを感じながら、
この難関に挑んでいきたいものだ。

   ★   ★   ★

10月8日

●午前、自宅にて9月議会準備など
●午後、水道局へヒアリングへ
●区画整理協会へ
●夜、道場(50代のYさんが10人組み手に挑戦し見事に4段位に)

10月8日

●早朝、自宅にて9月議会準備など
●午前、議会にて事務作業など
●会派会議
●午後、決算委員会
●議会運営委員会・理事会
●夜、さいたま市議会「オープン議会」
●議会関係者らと懇親