• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

「相乗り民主」が敗れる――

だいぶ前から、
民主党の風が吹いている、
と言われている。

さいたま市長選挙も、
東京都議選も、
そして先の衆議院議員選挙も。

どれもが日本列島を席巻しているかのようだ。

たしかに吹いている。

いや。

これは風ではなく、
「地殻変動」
もしくは
「トレンド」
だという人もいる。

自民党政権時代においては、
閉塞感に満ちていた空気。

ここに風穴が開き、
革命的な変化が起きている。

私もこの流れは歓迎し、期待もしている。

ともかく民主党にとっては書き入れ時。

ここぞとばかりに、
次々に候補者を立て、
面白いように当選者を出していく。

その背中には民主党の看板が背負われている。

ただ。

「民主党」に必ずしも
有利な流れがあるとは限らない。
私は、そんな現象も見聞きしている。

象徴的なのは、
堺市の市長選挙。

政令指定都市として初の市長選挙。

自民や公明とともに民主党が相乗りをしたという。

どう考えても、
客観的には当選の条件がそろっている。

しかしその相乗り候補は敗れた。

勝利した候補は無所属で政党の支援なし。

当選の背景には飛ぶ鳥を落とす勢いの
橋本大阪府知事がいるというが、
選んだのはあくまで有権者である。

民主党も「古い政治」「逆コース」の領域に足を置けば、
たちまち有権者から厳しい対応をされる。
そんな現象である、と私は理解した。

ところで。

今度は、若手市議の会でご一緒した
松尾崇元神奈川県議が名乗りを上げた。

対立候補予定者として表明している相手方には、
民主党の推薦があるという。

この時期。

あえて無所属で闘う松尾氏に、
掛け値なしの敬意を表したい。

松尾崇HP

   ★   ★   ★

9月26日

●早朝〜夕方、自宅にて9月議会準備など
●夜、バングラディシュ知人送別会

9月27日

●早朝、9月議会準備など
●午前、スポーツ吹矢大会来賓として参加。
●〜午後、議会にて9月議会準備など
●弁護士と相談
●夕方〜自宅にて9月議会準備など

9月28日

●早朝、9月議会準備など
●午前、会派決算委員打ち合わせ
●〜午後、決算委員会
●夕方〜夜、議会にて9月議会準備など
●自宅にて9月議会準備など