• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

民主党政権が誕生し、
各担当者による発言に注目が集まっている。

今のところ、
おおむね政権交代の効果を国民が実感している。
そんな印象を持っている。

ただ、夢見心地から少し覚めつつあり、
今の激動の社会状況に引き戻されている感がある。

中でも「八ッ場ダム」については、
一筋縄ではいかないだろう。

前原国土交通大臣は、
一貫して「中止」を表明。

しかしこれまで振り回されてきた現地地域住民や、
下流域の関係都道府県知事らは一斉に反発している。

中止するにしても、
返還金の見通しや地域振興の代替策とその実施、
治水や利水の課題への対応など
事後的な対応を迫られる。

これだけ注目を集めている分、
中止の決断がぶれれば、
民主党政権への大きなダメージになる。
政権の基盤を揺るがしかねない。

中止した場合でも、
様々な対応も残される。
かなりの財政出動も覚悟しなければならないだろう。

そもそも自治体サイドとの
合意形成は困難を極めるだろう。

どの道も険しい道のりだ。
前原大臣はどのように対応していくのか。

ところで。

このダムについては、埼玉県の出資が最も多い。

市議会の議決案件ではないにしても、
さいたま市にも関わりのあることであり、
別項目に私の現在の考えを記す予定である。

   ★   ★   ★

9月24日

●早朝〜午前、自宅にて9月議会準備など
●午後、議会にて事務作業など
●政治関係者との懇談
●〜夜、議会にて9月議会の準備

9月25日

●早朝、自宅にて9月議会準備など
●午前、見沼田圃将来ビジョン検討特別委員会
●午後、議会運営委員会理事会
●議会にて9月議会準備など
●夜、市議会議員との懇親