• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

9月15日、沖縄。

24歳の女性が命を落とした。

原因は「新型インフルエンザ」。

これまで命の危機にひんする
重症化すると想定されていたのは、
妊婦や幼児、高齢者に加えて、
糖尿病や肺などの重篤な疾患を有している人であった。

ところが。
今回の沖縄の女性は、
「基礎疾患がない」「20代」である。

これまでの想定と異なっており、
少し気がかりである。

今流行しているのはあくまで「弱毒性」とされる「H1N1」。

気を抜けないのは、
「強毒性」の「H5N1」も動きがあるようだ。

「H1」もいよいよ重篤化の危険度が高まっている中で、
H5への視野も失ってはならない。

ある保健所の関係者によれば、
これまでのいささかのパニックの影響で、
保険・医療関係者の必要とする
マスク等の機材が不足しつつあるという。

全体のバランスを見て、
社会の継続性を念頭に随時高度な判断が求められる。

危機管理担当は難しい判断を迫られることとなる。
私たちもできることをしていきたいものだ。

とにかく随時情報を取り入れ、
冷静に対応していくことが最優先だ。