• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

12月議会も明日と明後日で終了します。
11月末から続いた議会も大詰めを迎えています。

さて、明日は、
本会議が開会してすぐの冒頭で、
何と私が「侮辱行為をした」とのことで、
それに対する処分の要求が議題に上り、
審議されることとなっています。

吉田一郎議員(無所属)が、
12月15日付で議長に対し
処分要求書を提出したのを受け、
私に対する処分について審議されるもの。

地方自治法第133条には、
議員が本会議や委員会の場で、
公式・非公式問わず、
言動により侮辱を受けた場合には、
議会に対し処分を訴えることができる、
という規定がありますが、
それに基づいた処分要求となります。

処分を要求された議員、
つまり私は、
議会で弁明の機会を与えられたり、
その立場について懲罰の審議に付され、
懲罰の有無などを
懲罰委員会の皆さんに
ご審議いただくこととなります。

明日の午前中に、
すべての手続きを終え、
結論が下されることとなりそうです。

審議の間は、弁明以外、
当該議員の関係する案件ということで、
私は議場などには入ることができません。
これを「除籍」といいます。

では、土井!おまえは
どんな侮辱的行為を行なったんだ、
と思われる方もいらっしゃると思われます。

この件については、
私の発言が発端となっていますが、
その内容は、
私にとって全く侮辱行為に当たらないものであり、
一方的に処分の要求をされている
と受け止めているものです。

弁明の機会においては、
しっかりとその点を主張したいと考えています。

いずれにしても
詳細は後日改めて報告します。

明日はインターネット中継がなされる中、
私が登壇し「一身上の弁明」を行ないます。
めったにない光景ですので、
もしお時間がありましたら、
ご覧ください。

       ★

明日18日は、委員長報告とそれに対する質疑、
明後日は、討論・採決が行われる予定です。

インターネットでも中継されますので、
ぜひご覧ください。