• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

俳優の緒形拳さんが逝った。
身近な親族が亡くなったかのような衝撃を受けた。

思えば、これまでメディアで
頻繁に緒形拳さんの姿を見てきた。
親しみやすい人柄の父親を演じることもあれば、
晩年の悲哀を背中に表わす硬派の男の印象もある。

代表作について、
「楢山節考」などの名が挙がっているが、
私の最も印象に残る映画は「長い散歩」である。

俳優でもある奥田瑛二さんが監督を務め、
児童虐待を目の当たりにした高齢の男性が、
その子を連れて長い散歩に出る。
しかし、散歩とは二人の中の話であって、
社会は「誘拐」として裁いていく…
という内容である。

映画の内容もさることながら、
言葉だけではなく、
一挙手一投足の演技で表現する
完成された緒形さんの熱演は、
忘れられない。

ご冥福をお祈りしたい。

       ★

10月4日

●終日、従弟の接骨院開院式。

10月5日

●地域の防災関係の打ち合わせ会
 …避難所の管理などの話。
  現場も動き始めている。

10月6日

●午前、行革特別委員会の打ち合わせ
●会派会議
●午後、行革特別委員会の打ち合わせ
●行革特別委員会
●明大大学院・青山先生授業
●明大大学院・学生との懇親

10月7日

●午前、行革特別委員会について議長との懇談
●午後、議会にて事務など
●会派懇親会
●議員との懇親

10月8日

●午前・午後、自宅にて事務など
●区議との懇親

10月9日

●午前、自宅にて事務など
●午後、肉体労働(杭抜き手伝いなど)
●夜、道場

10月10日

●会派会議
●本会議
●午後、議会にて事務など
●夜、明大大学院関係者との懇親

10月11日

●夜、道場

10月12〜13日

●明大大学院・青山先生合宿
 …熱海にて合宿。
  学生による各種プレゼン。
  建築確認や民間移送など多岐にわたった
  個人的には財布・ケータイ盗難騒ぎに巻き込まれ、
  ばたばたしました…。

10月14日

●午前、会派会議
●本会議
●午後、議会にて事務など
●夜、議員との懇親
●道場

10月15〜16日

●市議会議長会フォーラム(釧路)
 …1500人余りの自治体議員が一堂に会し、
  新しい議会像を模索して行こうというもの。
  会長からも二元代表制の強い意向が示された。
  ずいぶん議会も変わったと思う。
  議会改革は全国運動となっているという印象を持った。

10月17〜18日

●朝市サミット(盛岡)
 …会派の視察という位置づけで盛岡視察へ。
  朝市サミット参加、
  材木町商店街事務局長からのヒアリング、
  城跡ににてのイベント、
  神子田の朝市見学、アリーナでのイベント、
  材木町余市見学。
  総合政策委員会の調査・研究テーマとなっている
  「地域振興に資する観光政策」の調査の一環での視察だが、
  キーワードは「祭り」だと改めて確認。

10月19日

●大磯町・事業仕分け
 …仕分け人として参加。
  職員の説明の改善、資料作成の課題などの総括。
  個人的には仕分け人として
  「そもそも論」と「現実論」を
  整理できなかったのが反省点。
  さいたま市議会での実施の留意点として、
  議員が仕分け人となった場合、
  自分の支持者への配慮という
  「現実論」に力を入れすぎて、
  「そもそも論」を土台とした
  議論ができない可能性があると感じた。