• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

議会の中でも重要な位置を占める「予算」審議。

これを行なう委員会が、
この6月議会から常設化された。

予算常任委員会である。

この委員会審議は、
行政に長らく依存し、
水面下でのやり取りをしてきたこれまでの審議を表に出し、
議会と行政の緊張関係のあるやり取りを前提とするものである。

6月議会では、
●7月1日:議案の質問・質疑
●7月2日:各局予算運営方針の説明・質疑
●7月3日:各局予算運営方針の説明・質疑
●7月4日:参考人の発言/議案に対する討論・採決
の4日間にわたって行なわれている。

昨日・本日と2日間、
すでに審査が行なわれている。

取り急ぎの報告だが、
かなりの活性化が実現しているように見える。
私が発言したくとも、
他の委員の積極的な発言により、
その機会を失ってしまうほどだ。

いい方向だと思う。

まだ予算委員会は前半が終了しただけであり、
明日から後半戦に入ることとなる。