• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

高橋かずちか(一実)さんは、
明大ガバナンス研究科の同期である。
来年の都議選をめざし、
日々、活動を続けている。

そのかずちかさんが主催するフォーラムが
「本当のユニバーサルデザインとは?」と題し、
開催された。

講師には山崎泰広さん。
車椅子に乗る実業家だ。
(株)アクセスインターナショナルの社長である。

フォーラムで山崎さんが話した内容は、
まさに「目から鱗が落ち」る内容だった。

数え切れないほどの衝撃的な話を聞いた。
が、ここでは長くなるので、
一つだけ述べておく。

障害者の自立。
つまり障害者が、
「支援される」という
イメージにある現状を脱し、
納税者となる。

そのための試みが
すでに各地で行なわれており、
そしてそれは私たちの想像を
はるかに超える実績を
上げているとのことである。

「脳性マヒで 顎しか動かせない障害者が、
 パソコンを使って
 名刺のデザインをして稼ぎ、
 しっかり自立しています」
と山崎さんは言う。

障害者の自立の歯車が回り始めている。
そんなことを感じさせる
山崎さんとの出会いであった。

       ★

3月30日(日)

●自宅にて原稿・事務
●高橋かずちかフォーラム
 「本当のユニバーサルデザインとは?」
●明大大学院教授・ガバナンス関係者との懇親
●かずちか氏・山崎社長らと懇親
●明大ガバナンス関係者との懇親