• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

9月議会ももうすぐ終了する。

現在、議会では、
無所属議員の発言や振る舞いをめぐっての議事の停滞や、
正副議長が会派離脱するなど、
様々な動きが出始めている。
これらは大きな変化のための地殻変動なのかもしれない。
これまで「ツンドラ」(シベリアの永久凍土)
とも揶揄されてきた議会だけに、
いい意味での混乱は歓迎している。

政務調査費の公開については、
第3者機関のチェックという段階になり、
一円以上の公開への道筋の途上にある。
現在議会を挙げて、その準備が進められている。

私の所属する行政改革特別委員会も、
10月3日にスタートした。
「行革推進プラン」(H18〜22)の進捗について
担当行政職員に確認するとともに、
「事業仕分け」作業の議会による実施を目指している。

いわば議会は「恒常的な行政改革機関」である。
行革の本丸といわれる「事業仕分け」を
主体的に行なうことができたならば、
全国にも先駆けた試みを行なう議会となる。

私は先の選挙において、
「機能する議会へ」という行動の柱を提示し、
その考えに共鳴していただいた方々に投票していただいて、
現在の立場にある。

今はとにかく、
さいたま市議会が
本来の議会が行うべき役割を果たすとともに、
市民への信頼を向上させていくことのできるよう、
エネルギーを注いでいきたいと考えている。

   ★   ★   ★

いつもご覧頂き、ありがとうございます。
一週間ごとの更新となってしまっています。
今後も随時更新していきますので、
ご覧いただけましたら幸いです。

9月27日(木)

●決算委員会のサポート
●議会にて事務作業
●明大大学院(中小企業支援)

大学院では中小企業支援の歴史を聞く。
日本の中小企業は戦後、
特殊な成長を見せた。
大企業ができない部分を担ったのである。
他国では一社が丸抱えで製造するのに対し、
日本では戦後しばらくの間は、
大企業に対し独立した存在を維持していた。
高度経済成長を経験したのちにバブル崩壊。
こうした経緯を経て、
今、中小企業はどん底の状態に置かれている。
こうした中、有効な支援策は何か、
これを今後の講義の中で把握していくこととなる。

9月28日(金)

●決算委員会のサポート
●議会にて事務作業
●明大大学院(ガバナンスの潮流/内閣の構成)

●明大大学院学生との懇親

議会では、政務調査費について、
第3者機関に領収書を提出するための準備に時間を割いている。
私の所属する会派「無所属の会」では、
すでにHP上に自ら自主的に領収書を公開するなどの試みを行ってきたが、
議会全体のルールを変更することもあって、
使途内容などの妥当性への議論を続けてきた。
この先にすべての領収書の公開があることだろう。
すでにすべての領収書を提出の対象とする
地方議会が出てきている。
さいたま市議会も一刻も早くそうなるようにしなければならない。
何より議会の基盤である市民の信頼の向上につなげるためにも。

大学院では、内閣の構成について講義があった。
福田内閣が誕生した直後でもあり、
タイムリーな話題。
内閣法により大臣は17人以内のはず。
なのに、閣僚の並んだ写真では22名いる。
これは各大臣に加え、
★官房長官・副官房長官(3名)・内閣法制局長官
の5名が加わっていたからだ。
「官邸」は、
★総理大臣・官房長官・副官房長官(3名)
により構成されるもので最高意思決定機関となる。

9月29日(土)

●明大大学院授業(市民の役割/防災)
●明大大学院青山ゼミ
●明大大学院「ガバナンスサロン」(最近の就職状況)

●明大大学院学生との懇親

サロンでは、
実際の今年就職活動を行なった2名の話を聞く。
一人は民間、一人は公務員ですでに就職試験に合格している。
公務員試験を通った発言者の話では、関東の都市部では、
・大量退職に伴い、採用人数も増えている
・民間企業の内定が早期のため、そちらが決まり次第、
 公務員試験をキャンセルする人もいるとのことだった。
さいたま市職員には、約180人が合格している。

9月30日(日)

●自宅にて事務作業
●明大大学院ガバナンスシンポジウム
●明大大学院生との懇親

10月1日(月)

●決算委員会のサポート
●無所属の会・会議
●明大大学院(自治体経営ほか)

大学院では、
鳥インフルエンザウィルスを題材にした図上演習の総括。
さいたま市を題材としたこともあり、
マニュアルのあり方などの課題が見えてきた。

10月2日(火)

●決算委員会のサポート
●議会にて事務作業
●食文化研究会

10月3日(水)

●自宅にて事務作業
●行革特別委員会
●自宅にて事務作業

行革特別委員会では、
①行政改革推進プランの進捗状況の報告を受ける
②事業仕分け作業を行う
こんな内容で、今後進められていくことが確認された。