• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

3月23日(金)

2日間かけて南区内の下見に出かけた。
東西に広い、独特の区域だ。

地域によってそれぞれの色が異なる。

南浦和駅や武蔵浦和駅などの駅周辺は、
商店が並ぶ。高い建物も並び、駅があることが一目瞭然である。

南浦和の東口は「予備校のまち」と言われるように、
予備校が駅前通に乱立している。

南浦和駅西口はゆったりとしたロータリーに、
商店街が並ぶ。バスターミナルである。

武蔵浦和駅周辺は、
市内でも有数の高層ビルが聳え建っている。

また、駅を少し離れると住宅街に入る。
どこまで行っても住宅街。
マンション、一戸建て。
新しい住居が所々に見える。
現在建設中も少なくない。
さいたま市が「東京のベッドタウン」たる由縁だ。

そのさらにはずれに行くと、
緑が残されている。

昔はあたり一面に存在していたであろう雑木林の痕跡が、
かすかに残されている。
家庭菜園も見える。

こうした地域には決まって大きな家が、
ドカンと腰を下ろしているものだ。

川もある。
西の一番はずれの荒川。
武蔵浦和駅の横を流れる笹目川。
そして藤衛門川。南浦和の東側を流れている。
お世辞にも「きれい」とは言えないが、
川は重要な財産だ。

平日だが、人が外に出ている。
公園や買い物。犬の散歩。
暖かい日差しの賜物だった。

       ★

改めて南区にも様々な資源があることを実感した。
あと一週間後、この地域は騒がしい激戦の場となる。